iPhone4S→iPhoneSEへ、我が家にwi-fiルータ導入へ

今年5月上旬のGW。ついにiPhone4Sを手放すことにした。4Sは2011年から使っていたので、今年7年目の春を迎えたところ。私なりに4Sを最大限に活用してやってきたのだが、そろそろこの状態では不便なことが増えてきた…

【3G回線のiPhone4Sの使用状況】

・充電は半日と持たない。
・OS10にしてから、動作が一段と遅くなり、文字入力までに十数秒待つ←OS10しなければ良かったと後悔していたところ。
・「Safari」は時間切れによるリロードが当たり前。画像などのアップデートが途中で停止。←「Files」アプリでは、時間切れによるリロードが起こらなかったので、「Safari」の設定がそうさせているようなのだが、設定変更に及んでおらず。
・キャリアによる3G回線の速度制限がかかっていて、webからの情報を入手するに時間がかかる。夜間にはアクセスが全くできなくなっていた。

 

【仕事環境の状況】

職場を離れるとネットワークはこのiPhone4Sのみ。
iPhone4Sで情報収集、メールやデータのやりとりをPCとケーブルを介して行っていた。なんと、iPhone4Sではキャリアと料金設定によりデザリングができなかったのだ。

【デザリングできないiPhone4Sを使ったデータのやりとり】

メールの情報(添付書類を含む)を「GoodReder」のアプリに保存

iTunesを経由でPCに情報を移動

PC上で作業

iTunesを経由で「GoodReder」のアプリにドロップイン!

メール添付し送信

「GoodReder」のおかげで、作業をそこそここなせていた。
ありがとう「GoodReder」!

しかし、iPhone4SでHPにアクセスできなかったり、画像など送りきれなかったり、3G回線の提供廃止が発表されてしまって、もう限界に。。。そんなときに朗報が!

【iPhoneSEと無線のwi-fiルータの導入】

電話回線がないと設置できないとあきらめていたwi-fiルータ!なんと、電話回線がなくても設置できると判明。wi-fiルータがあれば!スマートフォンを頼らずとも、PCでデータの受け渡しができる!そして、ついにiPhoneSEに変更し、固定型のwi-fiルータを家に設置した。快適!快適すぎる!フットワークが軽くなったー。

wi-fiルータの基本使用料以上の請求金額発生!】

wi-fiルータ使用料金請求が、初月は8000円近くなっていた。あれ、月額3800円(税抜)じゃなかったけ?どうゆうことなのかと調べてみると、こちらのミスが原因であろうことが判明。

 格安スマホのプランでは「他社の携帯および固定電話への通話10分まで無料」ということになっていた。そのため時間を気にしながら、電話をかけて通話料金が発生しないようにと努めてきた。確かに通話料金は0円であった。しかし、wi-fiルータの使用量が月額3800円(税抜)を大幅に超えていたのだ。
うーん?
 実は、wi-fiの回線を繋いだまま、通話していたのだ。従って、wi-fi回線の通話分の使用料金が発生し、基本料金月額3800円(税抜)に上乗せされて請求されていたようなのだ。よく考えれば、格安スマホのプランでは「他社の携帯および固定電話への通話10分まで無料」とは格安スマホの回線を利用しての通話が対象であって、wi-fiルータの回線はその親会社の回線であり、格安スマホのプランの通話料10分無料の対象の回線ではなかったと気づかされた…

 その後、格安スマホの回線を使用した通話を心がけたところ、wi-fiルータ使用料金はぐっと下がってきた。まだ、格安スマホwi-fiルータの導入より3ヶ月のため、月額基本料金3800円(税抜)になったことは確認できていない。しかし、きっと次月こそは、月額基本料金になっているだろうと期待している。

iPhone 4Sのその後】

iPhone SE導入直後は、wi-fiルータの導入もあって、iPhone 4Sをネットワークに繋いで、iPhone 4Sに保存されたデータを見ていたり、目覚ましやキッチンタイマーとして使用していた。だが、iPhone SEがそれらの役割を担うことになった今となっては、iPhone 4Sを起動することもまれになってきた。

そしていま、iPhone 4S部屋の隅で静かに眠っている(下の写真は眠るiPhone 4S

f:id:bmiko:20170725161658j:image